つるむき卵肌になる!!!ための裏技教えます

こんにちは!

みなさんまるでゆで卵のような美肌になりたい!と思ったことはありませんか?

私もニキビ跡を隠すためにコンシーラーを塗ったり、カバー力のあるファンデーションを塗ったり…

でも隠すことではなく、基礎化粧品から変えることをしたら一気にきれいな肌になりました!

今回はそんな第一歩の基礎化粧品のやり方からおすすめします。

【導入水を使ってみる】

最近よく耳にする導入水。「実際どうなの?」と思ってる方もいるはず…

わたしもその一人でしたが、小さいボトルのものから使ってみました。

お風呂あがりにコットンに500円玉くらいをばしゃばしゃ。

肌に入れ込むようにぐっと押さえながら滑らしていきます。

特に乾燥が気になる小鼻の周りなどは丁寧にすると◎

最後に顔全体を手で覆い、ぐっといれこみます。

これだけでも肌が少しもっちりした感覚になります。

【化粧水、乳液、美容液は肌診断を!】

しっかりと基礎化粧品を選ぶ場合は一度買わなくてもいいのでデパコスのカウンターで肌診断をしてもらいましょう。

自分になにが足りないのか、どんな部分を基礎化粧品で直せばいいのかを教えてくれます。

もちろん、その場ですすめられたそれを買う必要はありません。

プチプラでもケアできるようなものはたくさんあります。

一番良いのはイセタンミラー!

自社のブランドを推すのではなく、いろんなブランドの一番いいものをおすすめしてくれます。

もしくは、ブランドを巡ってサンプルをもらうのも手です。

肌診断をすれば、必ず自分に合うものが見つかります。

私は資生堂のカウンターで肌診断をしてもらい、サンプルをもらったあと、イセタンミラーで肌の状況を説明して、別ブランドを勧めてもらいました。

でもデパコスは高い…

そんな人でも大丈夫!

薬局の化粧品コーナーでも最近はしっとり、さっぱりタイプが分かれているものが多いです。

大手の薬局やアインズトルベなどには化粧品アドバイザーのお姉さんがいます。

どれがおすすめかアドバイスをもらうのも手ですね!

隠すのではなく、土台から直す。

これがつるむき卵肌への近道です。

ぜひ試してみてくださいね!
あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>ラメラエッセンスCの効果は口コミでわかる